よくある質問FAQ

 

神経の治療がなかなか終わらない、長いのは何故ですか?

神経の治療は非常に難しいものです。理屈は簡単です。炎症の原因である細菌をすべて根管(神経の存在している管)から取り除くことができれば、治療は成功したも同然です。

ただし・・・・理屈はそうでも実際に可能かどうか。一度細菌に感染してしまった根管から全ての細菌を除去することは理論上ほぼ不可能な事が知られています。歯牙の解剖学的にあるいは現代の歯科技術的に達成できない、あるいは歯が割れている、あるいは診断が誤っている可能性があるなど、実際には治らない理由がたくさん考えられます。

 そういう私も、理由が分からず解決できなかった神経の治療が当院であります。理由が分かっていて治療できなかったのならともかく、理由が分からなかったことが一番悔やまれました。

歯牙の中に神経が通っているのは御存じだと思うのですが、実は太いメインの神経以外にも小さな無数の神経の枝がいくつも走っています。それらが細菌に感染してしまえば歯牙から取り除くのは非常に難しい。小さな歯牙から無数の感染した細菌、感染した神経すべて完ぺきに取り去るのは不可能なのです。

それでも正しいコンセプトを理解している医院であれば、それなりの高い確率で、しかもそれほど長期間にわたることなく(といっても週一回来院するとして、2~3週間はかかる場合はありますが)治療は可能だと思います。ただし、再治療(既に以前に神経の治療がされている、あるいは以前から長い間放置されていた)の歯の神経の治療は治癒の確率が低くなります。

私は解決できなかった歯を無駄にしないために、私自身が当院でかなり力を入れている分野でもあります。興味ある方は一度御相談ください。

 

 

 

歯科ブログ
 
アクセスマップ
 
神戸市東灘区御影山手1-4-6 [駐車場3台] 電話078-842-2482
 

Hours of Operation

診療時間