よくある質問FAQ

 

インプラントでなければ治療できないことはあるのでしょうか?

答え:「そんなことはありません。インプラント以外でも治療は可能です。」

インプラントが近年のように確実性が上がる前、歯科治療では義歯、あるいはブリッジが用いられてきました。現在でも日本の保険診療を利用する場合、インプラントはその範疇に入らないため(一部高度先進医療を除く)、義歯やブリッジでの治療となります。ですから歯科医師、患者の両者が様々な角度から検討して治療方針を決めていきます。

従って「インプラントでなければ治療出来ない」症例はありません。

ただし、誤解しないでいただきたいことがあります。

「御自身の歯のように限りなく自然に噛めるのはインプラントで、少し劣ってブリッジ、義歯だと大きく感触的は劣ります」ということ。

つまり治療は出来ても、その使用感・装着感は大きく異なってくるということです。

たとえば下のレントゲン写真で分かるように、そもそも天然の歯がなければブリッジは出来ませんし、義歯は歯肉の上に乗っかっているだけですから、咀嚼時に歯茎が痛かったり、あるいは舌に当たって感触が悪いということです。こればかりは構造上の宿命ですからどうしようもありません。

ですからこの写真の症例ではインプラントを打つことで、自然な「見た目・噛んだ感覚」を高い次元で実現することができます。インプラントの利点というのはこういうことでしょうか。

ただしCT写真をとって神経までの距離や骨の厚みなどを正しく調査し、安全性に全力を尽くすのが絶対条件です。インプラントは「手術」が必要なため、神経損傷や出血を伴うリスクも伴うかもしれない、特殊な治療であることを忘れてはいけません。

ですから当院ではそのリスク回避にむけ最大限努力と、場合によってはより高度な病院を紹介させていただいております。

歯科ブログ
 
アクセスマップ
 
神戸市東灘区御影山手1-4-6 [駐車場3台] 電話078-842-2482
 

Hours of Operation

診療時間